Q.生前の遺産分割の合意は有効でしょうか?

A. よく父の目の黒いうちに、兄弟姉妹全員で父の遺産の分け方を決めておこうと生前に遺産分割の合意書を作成する場合があります。しかし被相続人(以後父)が生きている間に推定相続人間で父の財産につき、どのような合意をしてもすべて無効です。なぜなら相続は父の死亡により発生する権利で父の財産は生きているうちは本人しか処分する権限がないからです。トラブルになりそうな場合は被相続人である父自ら遺言書を作成してみてはいかがでしょう。

2015年10月02日