Q.父が亡くなり相続人は妻の私と子ども達3人です。しかし遺言書には内縁の妻に財産全額あげるように残されていました。これでは私たち残された家族は路頭に迷ってしまいます、なんとかできないのでしょうか?

A. 配偶者は、遺産の全体につき二分の1の遺留分が認められています(民法1028条2項)子が複数の場合は各自の遺留分は均等ですから、あなたは全遺産を相続した内縁の妻に対し、遺留分相当額の返還を求めることができます。これを遺留分減殺請求といいます。これは減殺されるべき贈与又は遺贈があったことを知った時から1年間これを行わないときは時効消滅(同法1042条)しますので注意してください。又、侵害されたことを知らなくても10年経つと行使できなくなります。

2015年10月02日